一般診療WEB予約

りつの内視鏡クリニック

TEL予約 一般診療WEB予約 アクセス

りつの内視鏡クリニック

大腸カメラ検査

COLONOSCOPY

こんな症状はありませんか?Symptoms

  • 下痢や便秘で悩んでいる
  • お腹の不調が長期間続いている
  • 便潜血検査で陽性だった
  • 便に血が混ざっている事がある
  • 血便がでた
  • 貧血の症状がある
  • 便秘や下痢の症状と一緒に発熱の症状がある
  • 家族に大腸がんを発症した方がいる

上記の症状に心当たりのある方は
大腸カメラ検査を受けましょう

大腸カメラ検査を受けることでより正確に病気を診断することができます。
腸に関する疾患の詳しい診断や治療ができ、大腸癌などのリスクの高い病気の早期発見に繋がることも多くあります。
少しでも不安のある方は当院までご相談ください。

大腸カメラ検査とはABOUT COLONOSCOPY

大腸カメラ検査とは、肛門から先端にカメラのついたスコープを挿入して、肛門から盲腸までの下部消化器官を直接観察する検査です。大腸カメラ検査では、大腸ポリープや大腸癌、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、クローン病などの病気を診断することが可能です。

また、病気の診断だけではなく、詳細な検査が必要な場合は、検査中に組織採取をして病理検査を行ったり、ポリープを除去する事が出来ます。このように大腸カメラ検査は非常に正確性の高い効果的な検査ですが、下剤服用や肛門から内視鏡スコープを入れることへの羞恥心から「辛い、苦しい」というイメージが先行し、検査に踏み出せない方が多くいるのも事実です。

当院では、少しでも多くの患者様にストレスなく大腸カメラ検査を受けて頂き、病気の早期発見・治療に繋げるために様々な配慮を施しております。

当院の大腸カメラ検査の特徴

01.鎮静剤を使用した眠ったままできる大腸カメラ検査

当院では、一人一人の状態に合わせて鎮静剤を使用してウトウトと眠っているような状態で大腸カメラ検査を受けていただくことが出来ます。当院では大腸カメラ検査にネガティブなイメージを持たれている方や実際に苦しい思いをされた方にも安心して検査を受けていただき、より多くの患者様の健康をサポートできるようしていきたいと考えております。
また、鎮静剤を使用することで、患者様の体の力が抜け、内視鏡スコープの挿入や観察自体をスムーズに行う事が出来るため、検査の品質向上にも繋がります。初めて大腸カメラ検査を受ける方や、大腸カメラ検査で苦しい思いをしたことがある方でも、お気軽にご相談ください。

02.個室のリカバリールームを完備

内視鏡検査で鎮静剤を使用した場合、検査終了後に30分〜60分程度ベッドでお休みいただく必要があります。当院では検査が終わった後も快適にお過ごしいただけるようプライバシーに配慮した個室のリカバリールームを複数ご用意しております。
検査後も他の患者様を気にする事なくリラックスしながらゆっくりとお休み頂く事が可能です。個室のリカバリールームでは他の患者様と接点が無いため、感染対策に不安がある方でも安心してご利用頂けます。

03.豊富な下剤の種類

大腸カメラ検査には様々な不安要素があるかと思います。その中でも、下剤服用に不安のある方は多くいるかと思われます。当院では、そんな不安を少しでも無くすため、複数の下剤をご用意しております。医師との相談の元、1人ひとりの患者様にあった下剤を服用して頂けます。下剤が理由で大腸カメラ検査に不安や抵抗感をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

04.胃カメラと同日内視鏡検査の実施が可能

当院では、患者様への時間的負担や症状などを考慮して大腸カメラの検査日と同日に胃カメラ検査を実施することが可能です。一般的には、胃カメラ検査と大腸カメラ検査は別日に実施しますが、当院では高い専門性と技術を持った医師とスタッフ、医療環境が整っていることで同日に検査を受けて頂くことが可能です。同日で検査を行うことで、お仕事などで検査の日程の確保が難しい方も1日で検査を終えることが出来ますし、食事制限などの検査の準備も一度に済ませる事が出来ます。大腸カメラ検査と同日に胃カメラ検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

*厚生局の指導により市の胃がん検診と大腸内視鏡検査は同日検査はできません。

05.専門医が対応

当院では、内視鏡専門医としてこれまで20,000件以上の大腸・胃内視鏡検査、治療に携わってきた院長が内視鏡検査を行っています。豊富な経験で培った高度な技術や豊富な知識を持ち、質の高い内視鏡検査を行っております。
全ての患者様にストレスなく検査を受けて頂けるよう心掛けております。

06.土曜日も受けられる

患者様の病気の早期発見、治療のために、1人でも多くの人に内視鏡検査を受けて頂く事が大切です。当院では、平日はお仕事が忙しくなかなか検査の時間を確保する事ができない方でも、検査を受けていただけるように、土曜日も大腸カメラ検査を実施しております。
スケジュールの関係でなかなか検査を受けられないという方もお気軽にご相談下さい。

鎮静剤を使用した大腸カメラ検査USING SEDATIVE

胃カメラ検査と聞くと、口からスコープを入れるときのオェっとする咽頭反射のイメージから「つらそう、苦しそう」と考える方も多いのではないでしょうか?
このように胃カメラ検査に抵抗感をお持ちの方でも検査を受けて頂けるよう、当院では鎮静剤を使用した胃カメラ検査を実施しております。

鎮静剤を使用することで改善される大腸カメラ検査の「つらい・苦しい」特徴

  • 肛門からスコープを挿入し、大腸まで観察する際の肛門への刺激や圧迫感
  • S状結腸や横行結腸など腸の曲がっている部分に内視鏡スコープを押し込まれたことにより感じるお腹全体を突き上げられるような痛みと圧迫感
  • 大腸を詳細に観察するために、大腸に空気を入れることにより感じる膨張感とお腹の苦しさ

以上の3点がありますが、当院では軸保持短軸法という最も苦痛の少ない方法で検査を行う専門医が対応する事と、お腹の膨張感の低減目的にCO2を用いています。その上で患者様一人一人にあわせた鎮静剤を使用することによって検査の苦痛を緩和することが可能です。
当院では、検査の前にスタッフ、医師一同、患者様の不安に寄り添うという事を一番重要視しております。検査についてご不安な患者様は遠慮なくご質問ください。初めての方でも検査を受けやすく、また以前大腸カメラ検査で嫌な思いをされた方にもストレスなく検査を受けて頂けるよう精一杯ご対応させていただきます。

メディカルドック

鎮静剤を使用した大腸カメラ検査のメリットと注意点

メリット
  • スコープの圧迫感や腹痛が少ない
  • 患者様の体の力が抜けるため、スコープの挿入や観察をスムーズに行うことが出来る
  • 患者様の力が抜けるため、大腸に空気を十分に入れることが可能となり、大腸のヒダを十分に伸ばすことができ、より正確な検査を行う事ができる
注意点
  • すぐに帰宅することが出来ない
  • 車やバイクで帰宅することが出来ない
  • 鎮静剤を使用して検査を行うことが出来る医師は限られている

大腸カメラ検査の流れFLOW

1.事前診療と検査ご予約
大腸カメラを受ける方は事前の診察が必要です。医師から食事制限や下剤服用、検査後の制限事項の説明をしっかりとお聞き頂いた上で、検査のご予約をお願い致します。事前診察では感染症検査のための血液検査を行います。また、普段お薬を服用されている方は、検査前、当日の休薬についてご説明致しますので、お薬手帳や飲んでいるお薬をご持参下さい。
2.検査前日
事前診察の際に、医師から休薬や服薬の指示はあった方は、その指示に従ってください。前日の朝食・昼食・夕食は腸管に残りやすい根菜、キノコ類、こんにゃくなどは避け、できるだけ消化のよい食べ物を摂ってください。夕食は21時までに済ませ、検査まで絶食となります。飲み物は、透明で糖分を含まない水や薄いお茶でしたら飲んでいただいても構いません。
※当院では大腸カメラ専用の検査食もご用意しております。食事制限に不安がある方は、お気軽にご相談下さい。
3.検査当日
検査当日の朝、お渡しした下剤を服用していただきます。前日に引き続き食べ物は絶食、飲み物は透明で糖分を含まない水や薄いお茶のみとなります。腸内の洗浄が完了したら、昼ごろに来院していただきます。
※当院では検査の際に鎮静剤を使用しますので、お車でのご来院はお控えください。
4.ご来院
検査時間の10分前にはご来院下さい。便の状態を確認し、当院でご用意した検査着に着替えていただきます。
※検査当日は汚れてもよい服装でのご来院をお願い致します。
5.検査
腸の洗浄が完了したら検査室までご案内致します。全身の状態を確認した後、鎮静剤を注射し(当クリニックは、大腸内視鏡検査では、鎮静剤を使用します)、半分眠ったような状態で検査を行います。内視鏡を挿入し、大腸全体を観察します。ポリープが見つかった場合は、同時に切除することも可能です。検査時間は、通常15分程度で終わりますが、腸の長さや形状によって個人差があります。また、ポリープ切除をした場合は、さらに時間を要することがあります。
6.検査終了
検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、個室のリカバリールームでベッドに寝たままお休みいただきます。30~60分程度お休みいただき、全身状態を確認した後、着替えていただきます。
7.検査結果の説明
検査の結果について、モニターを見ながら丁寧にご説明いたします。ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項がありますので、併せてご説明いたします。なお、採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ますので、その結果の説明は後日となります。
8.ご帰宅

検査後、1時間は飲食を控えていただきます。前日の食事制限や下剤の服用により低血糖を起こしやすい状態なので、効果的に糖分を摂取して頂くようおすすめしております。また、当日は運動や飲酒はお控えください。検査中に大腸ポリープ切除を行った場合には、食事制限がございます。当日は豆腐やゼリー、ヨーグルトといった消化の良いものをとるようにして下さい。

翌日に腹痛や出血がなければ、少しずつ消化のよいものから食べはじめ、数日かけて普段通りの食事に戻してください。その他の制限としては、ポリープ切除1週間は飲酒や激しい運動、排便時のいきみ、旅行などの長距離移動を控えていただきます。

大腸カメラ検査でわかる病気DISEASE

大腸カメラ検査は大腸(結腸と直腸)と一部の小腸までの下部消化器官を直接観察することが出来る非常に正確性の高い検査方法です。
以下のような病気の診断をすることが出来ます。

  • 大腸ポリープ
  • 大腸癌
  • 過敏性腸症候群
  • 虚血性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室炎 など

大腸カメラ検査の費用PRICE

1割負担 3割負担
大腸カメラ検査 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ検査+病理検査 約3,000円 約10,000円
大腸ポリープ切除術 約8,000円 約20,000~30,000円

よくある質問FAQ

Q
大腸カメラ検査ではどこを調べることができますか?
A
大腸カメラ検査では大腸(結腸と直腸)と一部の小腸を観察することが出来ます。
Q
大腸ポリープやがんがあった時は切除できますか?
A
1cm程度の大きさなら、ポリープや早期がんであってもその場で切除することができます。小さくても浸潤が疑われるがんや2cmを超えるような大きいポリープは入院施設の整った専門病院をご紹介して、そこで改めて処置をしていただきます。切除後は食事制限や運動制限などがあります。
Q
大腸カメラ検査の検査時間はどのくらいですか?
A
大腸カメラ検査の所要時間は約15分程です。ただ、ポリープ切除や組織採取などの処置が必要な場合はその分お時間をいただきます。
Q
大腸カメラ検査の検査費用はどのくらいになりますか?
A
大腸カメラ検査で約6,000~8,000円程、ポリープ切除が必要な場合で約2~3万円程になります。
Q
大腸カメラ検査で飲む下剤はどんな味がしますか?
A
下剤の種類は様々ありますが、多くは粉を水に溶かして出来た液体を服用するタイプです。スポーツドリンクに似た味で、以前使われていた下剤に比べると飲み易い味となっています。
Q
無症状でも内視鏡検査を定期的に受けた方がよいのでしょうか?
A
胃癌や大腸癌などの命に関わる病気は初期症状がほとんど無いため早期発見をすることが非常に重要になります。そのためにも定期的に内視鏡検査を行うことが大切です。
Q
大腸カメラ検査の後はすぐに食事をしても大丈夫ですか?
A
大腸カメラ検査では、検査の直後から食事をとっていただくことが可能です。
Q
普段の薬について
A
普段服用いただいているお薬に関しては、下剤服用後にお飲みください。また、検査の4時間前までに服用ください。
ただし、糖尿病の治療薬とインスリンは検査当日の朝は中止して下さい。詳しくは事前診察の際に、医師から説明させて頂きます。
Q
胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に受けることは出来ますか?
A
胃カメラ検査と大腸カメラ検査は同日で検査を行う事可能です。詳しくは事前診察の際に、医師までご相談下さい。