一般診療WEB予約

りつの内視鏡クリニック

TEL予約 一般診療WEB予約 アクセス

りつの内視鏡クリニック

お知らせ

NEWS

内視鏡検査について、当院の方針

お腹の調子が悪い、便潜血陽性など症状がある方々にとっては内視鏡検査は非常に有用な検査です。当院としてはこのような患者様が検査を安心して受けることのできる場となり、病気の早期発見•早期治療に努めていきたいと考えております。※大腸内視鏡検査と検便検査について院長ブログ>

内視鏡学会の提言が2022年7月14日にアップデートされ「 日本消化器内視鏡学会と致しましては、消化器内視鏡診療に関連したCOVID-19の発生・拡大の可能性を大変危惧しているところです。消化器内視鏡診療における感染のリスクも考慮しなくてはなりませんが、その一方で、私達の消化器内視鏡診療によって救われる患者さんがいることも常に考えていかねばなりません。COVID-19との戦いが長期戦になることが想定されている現状で、いかに通常の消化器内視鏡診療を継続するかも求められています。」 と記載されています。
当クリニックは引き続き最大限の感染予防策を講じて検査を行って参ります。患者様と医療スタッフが安心して内視鏡検査を行える環境作りに力を入れて参ります。

*当院では引き続き下記を全て満たした患者様においては内視鏡検査を行う方針です。
□ 風邪の症状や 37.0℃以上の発熱がない方
□ 2週間以内に新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴がない方
□ 2週間以内に感染流行地域への渡航歴がない方
□ 強い倦怠感や息苦しさがない方
□ 味覚・嗅覚異常がない方
□ 4−5日続く下痢等の消化器症状がない方

・ 当院の内視鏡検査は原則完全予約制であり、個室管理のため検査中に他の患者様と密になることはありません。

・ 内視鏡機器の洗浄は引き続き万全の対策を行なっております。また座席、ベッド、手すり、棚など患者様が触れる部位は使用後にアルコールや次亜塩素酸ナトリウムを用いてしっかりと消毒を行ってまいります。

・ 内視鏡検査に従事しているスタッフは全員、内視鏡学会が推奨しているサージカルマスクとゴーグル、ガウン、手袋着用などの飛沫感染予防策と接触感染予防策を徹底的に行っております。

・ スタッフ全員始業時に発熱や風邪症状がないことを毎日確認し、体調管理をしっかりと行うことで感染リスク低減に努めております。

・胃・大腸内視鏡検査時には皆様に新しいマスクをお渡しし、そのマスクを着用しながら検査を行わせていただいております。

ご心配な方はお気軽に医師やスタッフにお問い合わせください。